トップ
夏季セミナーバックナンバー
H10/11年度H12年度H13年度H14年度||H15年度
H16年度H17年度|  

第13回 新規事業研究会 夏季セミナー
材料機能を革新する超分散ダイヤモンド、
貴金属ナノ粒子の応用

研磨、添加剤(樹脂の機械的強度向上)
メッキ(硬度、耐磨耗性向上) 、滅菌、バイオ用途への応用


■ 開催日: 平成19年6月2日(土)9:00〜18:00
■ 会 場 : 八王子労政会館
■ 主 催 : (財)
日本政治経済調査会・新規事業研究会
■ 後 援 :
八王子市/社団法人 首都圏産業活性化協会/ビジョン開発株式会社
講演会参加費用 8,000円(学生参加費無料)
交流会参加費用 3,000円(学生参加費1,000円)
申込書に基づき、FAX 又はE-メールにてお申し込みください。
    詳細はページ下にございます。お申込み締切 5月31日。
□ 定員がございますので、満席になった場合はお断りすることがございます。ご了承ください。
 
  近年、「高付加価値素材分野」は、日本のものづくりの中での比重を高めており、その中でも新製品開発に伴う各種の技術障壁を超える新機能性材料の開発は企業にとって大きな目標となっています。
 新規事業研究会※では、多くの大学や研究開発機関が集積する多摩地域で、
高機能化された超分散ダイヤモンド(UDD)※、貴金属ナノ粒子をテーマに、13回夏季セミナーを開催し、これまでの技術障壁を打開する新規加工技術、製品特性向上の具体的実施例をご紹介します。
 競争力のある高付加価値商品の開発、幅広い材料機能の革新と用途に関心を持つ企業・研究者の皆様の参加をお待ちしています。

※爆射合成ダイヤモンド(ND)酸素の無い状態で炭素含有爆薬混合物の爆射分解でダイヤモンドブレンド(ダイヤモンド−非ダイヤモンド)が生成される。その特性は既知のダイヤモンドとは大きく異なり、従来のダイヤモンドには見られないユニークな効果をもたらす。さらに化学洗浄により、UDDクラスターを化学処理、高圧処理、熱処理を行うことで、様々な特性を付け加える事ができる。一次粒子が46nmオーダーの超分散ダイヤモンド(UDD)は、欠陥表面を有するダイヤモンドの結晶ではなく、ダイヤモンドを含有するクラスターカーボンである。

 


第13回 夏季セミナー
材料機能を革新する超分散ダイヤモンド、貴金属ナノ粒子の応用
09:00〜 受付開始
10:00〜11:00  「シリカ及び有機、無機ハイブリッド材料のゾルゲル合成」
   - ゾルゲル合成でのUDDの応用 -
    オルガ・シーロワ氏  サンクトペテルブルグ大学 教授
    (通訳 中西 赫 ビジョン開発梶j
 
11:00〜12:00  「現在の爆射法合成ナノダイヤモンドの工業的製造技術と
                                                         その基本的応用分野について」
   ワレリー・ドルマトフ氏  サンクトペテルブルグ工科大学 教授
   (通訳 中西 赫 ビジョン開発梶j
 
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜13:40  「ナノグラファイトとナノダイヤモンドの興味ある電気・磁気特性」
   榎 敏明 氏  東京工業大学 大学院理工学研究科 教授
 
13:40〜14:20

 「ナノダイヤモンド上へのDNA固定と一塩基多型検出」
   川原田 洋 氏  早稲田大学理工学術院 先進理工学研究科 教授
 

14:20〜15:00  「貴金属および遷移金属ナノ粒子の合成とその応用」
   渡部 正利 氏  工学院大学工学部 教授
 
15:00〜15:15 休憩
15:15〜16:30   パネルディスカッション
    渡辺 順次 氏(司会)(東京工業大学 大学院理工学研究科 教授)
    柿本 雅明 氏(東京工業大学 大学院理工学研究科 教授)
    及び上記講演者5名
 
17:00〜18:00  交流会 (於 講演会会場)


講演者プロフィール

 【講師】 オルガ・シーロワ 
             サンクトペテルブルグ大学 教授

 【演題】 「シリカ及び有機、無機ハイブリッド材料のゾルゲル合成」
 
【略歴】 生年月日:1952年6月7日  生地:ソ連邦レニングラード市
 【学歴】 1974年レニングラード工科大学卒業(優秀賞)
             化学生産技術師
 【学位】 1984年博士候補
             2005年化学博士
 【研究】 シリカ-ハイブリッド有機無機
             ミクロナノ材料
             ゾルゲル合成



 【講師】 ワレリー・ドルマトフ
        
  サンクトペテルブルグ工科大学 教授

 【演題】 「 現在の爆射法合成ナノダイヤモンドの工業的製造技術と
                                                         その基本的応用分野について」
 
【略歴】 生年月日:1950年10月20日  生地:ソ連邦ウズベクスタン共和国
 【現職】 1973年以降 サンクトペテルブルグ工科大学 テクノログ
             1992年以降 ダイヤモンドセンタ社長
 【研究】 窒素有機化合物の化学及びテクノロジー
             爆発ナノダイヤ
            合成の理論及び応用の基礎
             ナノダイヤの化学洗浄及び修飾
             ナノダイヤの応用 メッキ医療


 【講師】 榎 敏明
          
東京工業大学 大学院理工学研究科 教授 化学専攻

 【演題】 「ナノグラファイトとナノダイヤモンドの興味ある電気・磁気特性」
 
【研究内容】 グラファイト系物質の電子・磁気特性
                   ナノグラファイト、分子磁性


 【講師】 川原田 洋
             早稲田大学理工学術院 先進理工学研究科 教授 ナノ理工学専攻

 【演題】 「ナノダイヤモンド上へのDNA固定と一塩基多型検出」
 
【研究プロジェクト】
   1998年-2003年 科学技術振興事業団戦略的基礎推進事業
   「表面吸着原子制御による極微細ダイヤモンドデバイス」研究代表者


 【講師】 渡部 正利
             工学院大学工学部 教授 錯体化学専攻

 【演題】 「貴金属および遷移金属ナノ粒子の合成とその応用」
 
【研究内容】 貴金属コロイド
                   貴金属微粒子
                   組成物および貴金属粒子の合成法の開発とその応用
 


 

たくさんのお申込ありがとうございました。
申込を締め切りました。

参加申込書(PDFファイル)

申込先 FAX: 03-3561-3490  事務局 松岡 行(TEL: 03-3561-3460)
E-mail : sinjiken@jk9.so-net.ne.jp

必要事項をご記入の上、FAXにてお送り下さい。本申込書を受信後、2営業日以内に受信確認書として、本紙を返信いたします。複数人でお申込みされる場合は、コピーをしてお使い下さい。

尚、E-mailでお申し込みの方は下記必要事項を明記の上、上記アドレスまでお申し込みください。参加申込書(PDFファイル)もご一読くださいますようお願いします。
□ 参加者ご芳名:
□ 参加者ご芳名ふりがな:
□ 貴社名:
□ 貴社名ふりがな:
□ ご所属:
□ お役職:
□ ご住所:
□ TEL:
□ FAX:
□ E-mail:
□ 参加を希望されるプログラム: (例: 講演会、交流会に参加)
□ 請求書の発行の有無:

講演会参加費用 8,000円(学生参加費無料)
交流会参加費用 3,000円(学生参加費1,000円)
下記の口座へ531日までに参加費用をお振込ください。
みずほ銀行 大岡山支店 (店番145)
口座番号 普通預金 1680184 口座名シンキジギョウケンキュウカイ (新規事業研究会)
※お振込の上、FAXE-mailにてお申込ください。
※振込手数料はご負担下さい。一旦振込みいただいた参加費は返金出来ませんので、ご了承下さい。
・貴社名、ご連絡先等に変更がございましたら、お手数ですが、訂正の上、ご送信下さい。

お申込み締切 平成19年5月31日

最終更新 2007年5月17日

新規事業研究会
E-mail sinjiken@jk9.so-net.ne.jp